機能性便秘

頑固な便秘には、まず便秘の種類を知って自然排便を目指しましょう。

便秘の種類機能性便秘コメント(0)トラックバック(0)


便秘といっても、それを引き起こす原因や起こり方も様々です。
当然、対策や対処法も違ってきますので、あなたはどの便秘に当てはまるのか
考えてみましょう。


機能性便秘
腸の機能が弱まって起こったり、便そのものに原因があって出にくくなる
排便の習慣や運動不足、食生活やストレスで起こる一般的な便秘で
さらに腸管の動きによって
「弛緩性便秘」「けいれん性便秘」「直腸型便秘」に分けられます。


弛緩性便秘
大腸の筋肉が緩み、腸のぜんどう運動が衰え
便を押し出す力が弱くなることによって起こる便秘
日本人のほとんどはこのタイプの便秘で
偏った食事や運動不足、不規則なトイレの習慣などが
原因で起こります。


たとえば若い女性では、ダイエットで便の材料となるカスが溜まらないため
排出刺激が少なくなり、腸のぜんどう運動が衰えてしまいます。
主婦に多いのは運動不足やお産による腹筋の緩み


お年寄りでは年齢による筋力の低下
さらに肛門括約筋も弱まり「りきみ」ができなくなります。
朝の忙しい時間帯、便意があってもトイレに行く機会を逃してしまい
次第に便意を感じなくなってしまう便秘もこの仲間に入ります。


これらは「常習性便秘」「習慣性便秘」とも言われ
生活改善で治すことができるので
このタイプの人はぜひ生活を見直してください。


けいれん性便秘
弛緩性便秘とは逆のタイプで、自律神経の乱れのために
ぜんどう運動が強くなりすぎて大腸がけいれんを起こす便秘


腸の一部がソーセージのようにくびれてしまい
便が通りにくくなるために発症します。
この便秘の特徴は、普通の便秘はあまり腹痛がありませんが
かなりの腹痛をともなうのが特徴


痛みの多くは食後に起こり、便意が強い割には便の量は少なく
便に粘液が付いていることがあります。
また、腸内で長く便が留まっているため水分が吸収されすぎて
うさぎのウンチのようなコロコロした便が出ることもあり
残便感が強く度々トイレに行きます。


けいれん性便秘の原因はストレスが関係していることが多く
心理的なものが重なって起こります。


何日か便秘で苦しんだかと思うと、今度は突然下痢になり
下痢が始まる再び便秘を起こすというように
便秘と下痢を交互に繰り返すこともあります。
思い当たる人はストレス解消法をみつけることが大切です。


直腸型便秘
便が直腸に達しますと、神経を刺激して排便感覚が起こるのが普通です。
しかしこの感覚が何らかの理由で鈍くなってしまい
便意そのものが感じられなくなってしまう便秘


浣腸や下剤を繰り返し使用すると骨盤の筋肉が弛緩し
直腸神経の反射が鈍くなり便秘をおこします。




TOPPAGE  TOP 

出会い系サイト