器質性便秘は病気が原因となっている便秘

機能性便秘に対して、大腸に何らかの病気があって起こる便秘
あるいは外側から圧迫されて大腸の内腔が狭くなり
便のとおりが悪くなって起こる便秘を「器質性便秘」といいます。
ではどんな病気が原因となるのでしょうか?


大腸がん・ポリープ
イボやコブのような腫瘍が、大腸の内腔を占領し狭くして
便のとおりを悪くするために引き起こします。
便が細くなったり、血液や粘液が混じっている場合は、その疑いがありますので
大腸がんにかかりやすい40代になったら定期的に検査を受けましょう。


炎症の腸疾患
大腸の粘膜に炎症を引き起こし、それを何回も繰り返します。
そして腸管に潰瘍瘢痕を残したり、炎症性のポリープを作ったりして
腸管内を狭くすることがあります。
すると便のとおりが悪くなり便秘を引き起こします。


腸の癒着
腸の一部が炎症を起こし、周囲の臓器と癒着を起こしてしまうことがあります。
そうすると腸がくびれたり、動きが悪くなって
便の通りを悪くし便秘を引き起こします。


結腸過長症
S状結腸や腸全体が異常に長い人がいます。この場合便秘になることがあります。


この他にも急に起こった便秘には要注意です。
今まではなんでもなかったのに、急に便秘になってしまったということもありますが
その中には急な処置を必要とする病気が隠れていることがあります。


例えば、腸閉塞や腸捻転など腸の病気です。
これらはすぐ治療をしないと腸がくさってしまい命にかかわります。
この病気は、便秘だけでなく激しい激痛もともなうので注意してください。
その時はすぐに医師にかかり適切に処理してもらうことが大切です。


関連記事

  1. 器質性便秘は病気が原因となっている便秘

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://benpi-kaiketu.info/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする

TOPPAGE  TOP 

出会い系サイト