便意が起こるしくみを理解して便秘解消

普段何気なくしている排便ですが
いざ便秘になるとどうやって出していたのか忘れたりしませんか。
排便の仕組みを理解し便秘解消に役立てましょう。

私たちは食事をすると、食べものは
胃→十二指腸→小腸→大腸と流れて
肛門へ到達します。

こうした流れだけ追うと排便は単純に見えますが
実際はそんな簡単ではありません。
便を送り出すにはぜんどう運動と呼ばれる腸の収縮運動が必要になります。
腸の筋肉を収縮させ便を少しずつ送り出す働きです。

便の形を形成するのは大腸に入ってからで
水にとけたようなドロドロの状態から
水分が吸収され硬い便が形成されます。

しかしこの時はまだ便意を感じません。

食べもの口にすることで胃結腸反射と呼ばれる反応が起き
腸がもぞもぞ動き出します。
そして便が一気に直腸へ押し出されると直腸の壁が刺激され
脳へ便がしたい!と信号を送り便意が起こります。

そしてその刺激が排便中枢に伝わると
腸の運動と直腸の筋肉の収縮によって直腸の内腔が狭くなり
ウンチの態勢をとることで直腸と肛門が直線化し
さらにりきむことにより排泄が行われます。

このような排便動作は大脳にある中枢によってコントロールされ
スムーズに排出するには、便意を感じたら腹圧高めるため

いきんだり、息を吸って横隔膜を固定したり
声門を閉じたり腹筋を収縮させたりと
うまく連携することによって排便がスムーズにできます。

なので便意を感じたらすぐにトイレに行ってりきむことが大切です。
この便意を逃してしまうと、せっかくの連携がうまくいかず
その結果、便意が消失してしまいます。

 

関連記事

  1. 便意が起こるしくみを理解して便秘解消

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://benpi-kaiketu.info/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする

TOPPAGE  TOP 

出会い系サイト