子供の便秘には病気が原因となる場合もあるので注意が必要

子供の便秘の原因は、
好き嫌いによる偏った食生活だったり
運動が不足していたり、ストレスだったりと
外的要因がほとんどですが

中には重要な病気が隠れている場合があるので注意しましょう。


ヒルシュスプリング病

先天的に起こる小児疾患で、腸管の働きを司るアウエルバッハ神経そうという
腸壁神経系が生まれつきない病気です。
そのため腸管が伸びてしまい、腸のぜんどう運動が起こらなくなってしまいます。

当然、便を押し出すことができなくなるので
頑固な便秘が続きお腹が膨らんできてしまいます。
この病気の場合は、幼児期からすでに便秘が続くので
子供が長い間、便秘をしている場合は要注意です。

腸閉塞

腸の内容物が肛門へ向かう際に、何らかの原因によって障害され
腸が詰まってしまう病気です。

激しい腹痛とともに急な便秘が起こった場合は注意して
早めに病院を受診することをおすすめします。

関連記事

  1. 子供の便秘には病気が原因となる場合もあるので注意が必要

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://benpi-kaiketu.info/mt/mt-tb.cgi/27

コメントする

TOPPAGE  TOP 

出会い系サイト