便秘と肌荒れニキビの関係

20代女性の便秘が引き起こす肌荒れニキビの原因

便秘が原因で起こる不快な症状便秘と肌荒れニキビの関係コメント(0)トラックバック(0)

便秘と肌荒れニキビは関係なさそうですが実は密接に関係しています。
便秘によって長いあいだ便が腸内にいると腐敗が進み毒素を発生しますが
行き場を失った毒素は血液に吸収され血液の循環を悪くします。


血液の循環が悪くなると体の隅々へ栄養が行きわたらなくなり
肌の状態を悪化させてしまうことになります。
さらに新陳代謝が悪くなることで肌荒れだけでなく
新しい皮膚が生まれずらくなりシミやくすみの原因にもなります。


またこうした毒素は通常、便とともに体外へ排出されますが
血液に紛れた毒素は汗腺から皮膚呼吸と同時に排泄しようとします。


皮膚呼吸によって毒素を排泄しようとすると
皮脂が過剰に分泌したり、逆に皮膚が乾燥したりするなどの現象が起こり
これが肌荒れの原因になると考えられています。


キレイなお肌を保つためには体の中からキレイにすることが大切です。
そのためにも便秘解消は必要です。


TOPPAGE  TOP 

出会い系サイト