便秘で死亡例

便秘で死亡!?20代女性に起こった悲劇

便秘が原因で起こる不快な症状便秘で死亡例コメント(0)トラックバック(0)

便秘はただウンチが出ないだけと軽く見てしまうととても危険です。
1998年には重度の便秘で死亡した20代の女性がいます。
死因は便秘による腸閉鎖でした。


彼女の便秘は1年前からあったようで、
腹痛はあったものの病院には行かず
市販の便秘薬を飲み続けていました。


死亡する2日前までは普通に仕事をしていたが
翌日になると風邪の症状と腹痛で寝たきりの状態なり
食事を全然摂らなくなってしまったようです。


死亡当日も朝食を摂らず自分の部屋で休み
学校から帰ってきた弟により
トイレの前で死亡しているのか発見されたようです。


死因不明のため遺体は解剖されたましたが
驚くべきはその女性の腸内にあったウンチの量
お腹は妊娠満期と思われほど膨れ上がっており
腸内には6.7㎏のウンチが溜まっていたようです。

しかも直腸付近では水分をまったく含まない
コンクリートのようなウンチが
数十cmも溜まっていたそうで


女性の右人差し指と中指の爪には
同じ色のうんちがついており、
指を使ってウンチをかき出そうとしていたと思われます。


しかし1週間前に母親は一緒にお風呂に入っていて
お腹の膨れにはまったく気付かなかったというのです。
そうなると妊娠満期のお腹は数日間で作られてしまったということになります。


専門家の話では腸内にあったウンチも原因ですが
実は腸内に溜まったガス、つまりオナラが原因ということです。
腸内に大量のガスが発生し行き場のないガスは
腸を膨張させ急激にお腹を大きくしてしまったようです。


死因は腹痛や嘔吐などによるショック状態になってしまい
周りに誰もいなかったことが今回の悲劇につながったと言われています。






TOPPAGE  TOP 

出会い系サイト